HOME >商品案内 > 分析部門 > 橋梁等塗膜のPCB分析
商品案内

橋梁等塗膜のPCB分析

■ 橋梁等の塗膜として、昭和42〜47年頃に製造された塩化ゴム系塗料の一部にPCBが含有されていることが確認されています。
■ 橋梁等の塗装の塗り替え時工事を行う際には、塗料にPCBが含まれているか否かを確認する必要があります。

■ PCBが検出された場合は、PCB廃棄物としての取り扱いが必要になります。
■ PCB含有塗膜は、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」に基づき、建物保有者が保管及び都道府県知事等への届け出が必要になります。
↓↓↓
当社は、橋梁等塗膜中のPCB分析をを高分解能GC/MS法で行います。

1.分析フロー

2.関係法令等

・ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H13/H13F18001000023.html

・廃棄物の処理及び清掃に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S46/S46SE300.html

・橋梁既存塗膜からのPCBの検出について
http://www.shutoko.co.jp/updates/h25/data/07/16_pcbkyoryotoso/

・低濃度PCB含有廃棄物に関する測定方法(第2版)
http://www.env.go.jp/recycle/poly/manual/lc-method_v2.pdf

お問い合わせ・申し込み方法

お問い合わせ、試験の申し込みは、最寄りの事業所/営業部にお願いします。
→最寄りの事業所/営業部はこちら

帝人エコ・サイエンス株式会社に関するお問い合わせはこちら
  • TEL:03-5440-4301
  • お問い合わせフォーム