HOME > 商品案内 > 調査部門 > ダイオキシン類調査
商品案内

ダイオキシン類調査

ダイオキシン類とは

ダイオキシン類とは、ポリ塩化ジベンゾ-p-ジオキシン(PCDDs)75種類、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDFs)135種類、コプラナ-PCBs(Co−PCBs)12種類の異性体の総称であり、化学物質の合成過程、廃棄物や都市ゴミの燃焼過程などで非意図的に生成されます。環境中や食品中に含まれる量は極微量ですが、WHOの報告では人に対する発がん性があるとされています。

ダイオキシン類測定の分析体制

ダイオキシン類測定は極微量pgレベル(1pgは1兆分の1gの単位です)の分析を行うため、高度な分析技術と、採取から分析・結果報告までの一貫した精度管理が必要です。帝人エコ・サイエンスでは、国際標準ISO/IEC 17025認定の品質管理の下で、精度の高い分析サービスをご提供いたします。
また、4台の高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計を保有し、年間約5000検体の分析実績があり、短納期、低コストでお客様のご期待に対応致します。

分析項目一覧(下記の媒体のダイオキシン類分析が可能です。)

環境大気/水試料(公共水、地下水、排出水等)/土壌/底質(含有及び溶出)/排ガス/灰試料(ばいじん、燃え殻、汚泥)/作業環境/水道原水及び浄水/食品/水生生物/野生生物/降下ばいじん

各種基準及び測定方法

●環境基準
媒 体
基 準
適用マニュアル等
環境大気 0.6pg-TEQ/m³ ダイオキシン類に係る大気環境調査マニュアル(平成20年 環境省)
水 質 1pg-TEQ/L 工業用水・工場排水中のダイオキシン類の測定方法(JIS K 0312:2008)
土 壌 1000pg-TEQ/g ダイオキシン類に係る土壌調査測定マニュアル(平成21年 環境省)
底 質 150pg-TEQ/g ダイオキシン類に係る底質調査測定マニュアル(平成21年 環境省)

ダイオキシン類による大気の汚染、水質の汚濁及び土壌の汚染に係る環境基準について
(平成11年12月27日、 環境省告示 0068)

●排出基準・処理基準等
媒 体
基 準
適用マニュアル等
排ガス 0.1ng-TEQ/m³※ 排ガス中のダイオキシン類の測定方法(JIS K 0311:2008)
ばいじん・燃え殻 3ng-TEQ/g 厚生省告示第192号(平成4年)、環境省告示80号(平成16年)
排 水 10pg-TEQ/L 工業用水・工場排水中のダイオキシン類の測定方法(JIS K 0312:2008)

※排ガスの排出基準は施設の種類、規模により異なります。詳細は下記サイトよりご確認ください。
ダイオキシン類対策特別措置法に基づく基準等

●その他
媒 体
基 準
適用マニュアル等
底 質(溶出量) 10pg-TEQ/L(判定基準) 環境庁告示第14号(昭和48年)による溶出、及びJIS K 0312による測定
作業環境 2.5pg-TEQ/m³(管理濃度) 厚生労働省基発第401号の2 (平成13年)、及びダイオキシン類に係る大気環境調査マニュアル(平成20年 環境省)
水道水 1pg-TEQ/L(指針値) 水道原水及び浄水中のダイオキシン類調査マニュアル(平成19年 厚生労働省)
食 品 食品中のダイオキシン類の測定方法暫定ガイドライン(平成20年 厚生労働省)
水生生物 ダイオキシン類に係る水生生物調査暫定マニュアル(平成10年 環境庁)
野生生物 野生生物のダイオキシン類蓄積状況等調査マニュアル(平成14年 環境省)

関係法令

ダイオキシン類対策特別措置法(平成 11年7月16日、 法律0105)
ダイオキシン類対策特別措置法施行令(平成 11年12月27日、 政令0433)
ダイオキシン類対策特別措置法施行規則(平成 11年12月27日、 総理府令0067)
廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和 45年12月25日、 法律0137)
廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(昭和 46年9月23日、 政令0300)
廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則(昭和 46年9月23日、 厚生省令0035)

取得許認可

●特定計量証明事業登録   愛媛県 第環41号
●特定計量証明事業者(MLAP)認定   N-0031-01 (松山事業所)
●環境省が実施するダイオキシン類の請負調査受注資格
●ダイオキシン類分析試験所認定 ISO/ICE 17025   ASNITE0120T(松山事業所)

ダイオキシン類の分析方法

抽出
採取した試料から、試料の種類に応じた方法(液液抽出、ソックスレー抽出等)により、ダイオキシン類をトルエン等の有機溶媒に抽出します。当社では試料濃度により分析室を区画し、試料間汚染を防止しております。

クリーンアップ
抽出液試料から、測定に妨害となる成分を除去します。通常は2種類のカラムクロマト操作により実施しますが、自動前処理装置を導入し、工期短縮の対応も可能です。

測定
クリーンアップが終了した試料を濃縮し、高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計により、極性の異なる2種類の測定用カラムを用いて、ダイオキシン類の測定を行います。 当社では英国micromass社製の高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計4台を使用し、迅速で正確な測定を実施いたします。

測定結果の信頼性確保への取組み

●国内で開催されるダイオキシン類のクロスチェックに積極的に参加し、当社の分析値の信頼性を評価しております。
●認証値付きの標準試料(土壌及び灰)を毎月測定し、分析値の信頼性を継続的に確認しております。

短納期、低コストへの対応

●早く測定結果が必要なお客様へは、短納期分析に対応いたします。
●公定法として認められた簡易測定法(排ガス、ばいじん及び燃え殻、土壌の、環境省簡易測定法マニュアル)にも対応しております。低コストな分析をご要望の場合は、ご相談ください。
●迅速法(公定法の一部を簡略化した方法で、公定法ではありません)も実施しております。汚染確認の為の自主測定などで、早くて安い測定のご要望がある場合はご相談ください。

帝人エコ・サイエンス株式会社に関するお問い合わせはこちら
  • TEL:03-5440-4301
  • お問い合わせフォーム